▲上に戻る

スピードクレジットのクレジットカード現金化を実際に使った感想

スピードクレジットのサービスは良い?使ってみた感想をまとめました。

MENU

スピードクレジットを実際に使ってみた


「今すぐ必要」を精神誠意サポート
が合言葉の“スピードクレジット”のサービス内容を実際に利用し調査しました。

「最短3分」
「最大換金率98%」
「全国対応」
「年中無休」


等のセールスポイントは一体本当なのでしょうか?
申込み方法から振り込みまでの流れ、実際の換金率からスピードまでの調査結果をご報告したいと思います。

申し込みから振り込みまでの流れ


まずは申し込み方法と実際に振り込まれるまでの流れについて解説していきたいと思います。

同社ではクレジットカード現金化で最もオーソドックスなメール申し込み⇒電話連絡(本人確認)⇒振込という流れとなっています。

入力は簡単!


スピードクレジットのお問合せボタン


ホームページ上か中くらいにある「お問い合わせフォーム」から入力フォームを開く事が出来ますので、まずはこちらを入力して行きます。

スピードクレジットのお問合せフォーム


利用回数や住所氏名、希望利用額といった簡単な事項のみの入力のため、手元に何も無くても入力する事が可能です。

業者からの連絡を待ちましょう

入力した「希望時間帯」に業者側から連絡が入ります。
もしお急ぎの場合には「いつでも」を選択しましょう。
(今回は最短時間の調査も兼ねている為、「いつでも」を選択しました。)

業者との交渉

スピードクレジットの担当者から連絡が入りましたら、利用額を改めて伝え、換金率やスピードについて話し合いましょう。

実際には申し込み内容に誤りが無いか、申し込み者本人であるか等の確認のみであり、電話時間自体は早ければ1分ほどで完了致します。
状況によってはここで換金率アップも可能かもしれませんので、提示された換金率に上乗せは可能かどうか念のため確認してみるのも一つの手です。

振り込みを待つ

業者との話し合いが終わりましたらいよいよ現金の振り込みです。
悪質な業者も多いだけに緊張する瞬間。

実際のサービススペックは?

今回は利用額として最も多い利用額30万円で検証を行いました。
スピードクレジットの目玉であるスピード振込の他、換金率や対応力はどうだったのでしょうか。
実際の数字を一つ一つ確認して行きたいと思います。

換金率は89%

スピードクレジットから振り込まれた金額は「267,000円」であり、換金率は89%と、表記通りとなりました。

利用額に対して非常に高い水準であると言えますが、最大換金率である98%の適用条件は詳細ページでお伝えした通りややハードルが高く、一個人の利用では中々難しいなと感じました。
スピードクレジットの詳しい換金率はこちら

一般的には、今回と同様に89%前後での利用となる事が予想されますが、事業の資金調達等でまとまった金額を現金化する際には積極的に最大換金率を狙っていきたいところですね。

スピードは大体5分前後


最短3分が売りのスピードクレジットでしたが、今回は申し込みから振り込みまで大体5分程となりました。
内訳としては
申込み…約1分
電話が掛かってくるまで…約1分
電話時間…約2分
振込までに掛かった時間…約1分
といったところでした。

残念ながら3分は実現しませんでしたが、初回という事もあり確認事項が増えたため、電話時間が2回目に比べて掛かってしまったのかなと思われますので、最短3分は決して誇大表記では無いなというのが率直な感想です。

実際に使ってみた感想


50社以上で換金実践を行ってきましたが、スピードクレジットはスタッフの対応力や換金率・スピード面でトップクラスの水準となっており、諸所サービス面で質の高さを実感しました。

早急に現金が必要というシーンでは文句なしにお奨めしたいクレジットカード現金化業者であり、スピードだけで言えば国内でも一二を争うといっても過言ではありません。


WEB申し込みのすすめ


スピードクレジットのお客様のリアルな口コミ

スピードクレジットの詳細情報はこちら