▲上に戻る

事業の資金調達に!ビジネスに関するクレジットカード現金化の体験レポートまとめ

ユーザーの皆様からお寄せいただいた、仕事に関係したクレジットカード現金化の体験レポートです。

MENU

 

普段の買い物や旅行、結婚式のご祝儀、家賃の支払い…など
クレジットカード現金化が有効なタイミングというのは日常的によく起こります。

 

しかし、クレジットカード現金化が有効なのは何も日常生活に限った話ではありません。
今回は、事業費や社員旅行の資金など仕事に関わるクレジットカード現金化の体験談をご紹介しましょう。

 

54歳 男性 商店経営 の利用事例

「銀行に融資を断られ、一時的な資金調達で利用しました」

 

私は下町で親の代から続く金属加工会社を営んでおります。
自動車関連の部品製造が多く、どうしても世間的な売れ行きや大手自動車メーカーの業績に左右される状態が続いていました。

 

気を落とす男性

これまでも何度か資金ショートをして銀行や消費者金融での借り入れで回していたこともありますが、今回はどこの金融機関からも融資をしてもらえず「ついにこのまま廃業か…」とまで考えていました。

 

しかし、一ヶ月耐えれば売掛の回収と新規受注分で採算がとれることはわかっていました。
なんとかそれまで耐え凌ぐ方法を考えていたところ、ふとインターネットで広告を目にしたゼロスタイルにたどり着きました。
幸いにも、法人クレジットカードの限度額は総額500万を超える枠があります。
これを現金にすることで自転車操業ではあるものの、危機を脱することができます。

 

とはいえ、金利計算をすると銀行とは比較にならない高額なので、少し考えるところもありました。
しかし、従業員の顔を思い浮かべて、「せっかく先代から受け継いだ事業を続けていきたい」という強い思いが湧いてきました。
それに後押しされ、一大決心をするに至ったのです。

 

次の取引先からの入金があるまで、約一ヶ月。もし取引先になにかあったら…と不安になることもありました。
しかしそれは杞憂だったようで、無事に入金がありカードの支払いにも問題なく間に合いました。

 

今回は事業の立て直し、という少し稀な使い方かもしれません。
中小企業の社長や個人事業主などにとって、銀行や消費者金融からの融資がうまくいかなかったときの裏ワザとして知っておくと“イザ”という時に助けられるサービスです。

ゼロスタイルの詳細はコチラ

 

 

32歳 男性 会社員 の利用事例

「海外旅行でカジノに行く軍資金を調達しました」

 

実は会社の社員旅行で3泊4日マカオの旅に行くことになりました。

 

マカオといえば「カジノ」ですよね!

 

実はマカオのカジノには数年前にも訪れたことがあり、その時はひたすらポーカーをやり続けて結果的に50万円ほどのプラスを出しました。
とはいえ、資金は150万円。150万円が200万円になって帰ってきた感じですね。
最終的にはプラスで終われたから良かったものの、一瞬100万円以上マイナスになった瞬間もあり、その時は本当に「死ねる!」と思いましたね。

 

ポーカーはとても好きなゲームなのですが、好きすぎて周りが見えなくなってしまうのが怖いところです;
日本で普通に生活していると100万円ってものすごく大金に感じるのですが、ああいった空気の中にいると100万円がただのプラスチックのチップに見えてしまうのがすごいですよね。
負けるのはもちろん怖いですが、その分大きな夢があるのも事実です。

 

ちなみにその時一緒にいた同僚はあまりギャンブルをやったことがなかったのですが、初めてのカジノでバカラをやって2日間で30万円近く勝っていました。
ビギナーズラックの威力を思い知らされましたw

 

話は戻りますが今回の旅行。
なかなか行けるチャンスもないので思いっきり楽しもうと思い、まずは50万円をあんしんクレジットで現金化→香港ドルにエクスチェンジ!!

 

ルーレット

定番ルーレットから始まり、バカラ、ブラックジャックと3晩とも最高の夜を満喫させてもらいました。もうほとんどホテルに帰ることなく、本当に寝るだけにホテルに戻るという感じでしたねw

 

とにかくカジノに入り浸り。本当に最高の旅行でした。

 

カジノはギャンブルだけじゃなく、ショーや食事も素晴らしいのでエンターテインメント施設としても楽しませてもらいました。
ちなみに結果はというと、一時は3倍ほどに膨れ上がったものの最後は欲に溺れほぼトントンに。

 

でも大きな赤字もできずに楽しませてもらったのでとても満足してます!
目減りもしてないので来月カードの支払いを済まれば借入の履歴すら残らないという便利なサービスです。

あんしんクレジットの詳細はコチラ

 

 

まとめ

事業費の問題などは、企業にとって死活問題といえます。
後に回収できる見込みがあるのであれば、一時的にクレジットカード現金化で資金調達を行うのは賢い選択でしょう。
しかし、「自社のキャッシュフローをしっかりと把握して、計画的に利用する」ということが前提条件として挙げられますね。

 

社員旅行で海外に行けるという滅多にないチャンスにおいても、クレジットカード現金化を利用して楽しい思い出を作るというのは一つの選択肢なのではないでしょうか?