現代では一般的な決済手段であるクレジットカード。その歴史について解説します。

スピードランキング
換金率ランキング
信頼度ランキング
現金化業者一覧

クレジットカードの歴史

今や、私たちの生活に欠かせない存在ともいえるクレジットカード。

 

現代社会を生きていく上で、ほとんどの方が1枚以上を所持しています。
中には用途や買い物をするお店に応じて何枚ものクレジットカードを使い分けている、という方も多いのではないでしょうか?

 

当たり前のように私たちの生活と共にあるクレジットカードですが、クレジットカードの成り立ちについて十分に熟知しているという方は意外にも少ないようです。

 

ここではクレジットカードの起源や歴史についてご説明していきます。

 

 

クレジットカードの起源とは?

クレジットカードの起源を探る
まずは、私たちの生活の良きパートナーとも言えるクレジットカードのはじまりについてお話していきましょう。

 

実はクレジットカードとして馴染みのある、現在のプラスチック製のカードの形になってからはまだ歴史が浅く、初めてプラスチック製のクレジットカードが登場したのは、日本初のクレジットカードである「日本ダイナースクラブ」が発足した1960年代初めの事でした。

 

現在のクレジットカードの前身、いわばクレジットカードの起源といえるものが登場したのは、なんと今から100年以上も前の19世紀後半です。

 

クレジットカードのはじまりは紙製の「フランク」と呼ばれるもので、これは通信や荷物の支払いの為の「ペイメントカード」として発行されていたものでした。
その後、石油会社や特定のお店でのみ使用出来る冊子型のクレジットカードが普及していきます。

 

この頃のクレジットカードは現在の物とは見た目も中身も異なり、用途も非常に限定的であったことが伺えます。

 

 

ダイナースカードの誕生

 

そして1950年に、世界初のクレジットカード会社である
「ダイナースクラブ」が発足します。

 

当時、ダイナースクラブ創業者の一人フランク・ナクマクラがレストランで財布を忘れてしまい、会計の時に慌てて恥ずかしい思いをしてしまいました。
そこで現金が無くても食事の出来るシステムを作ろうとした事から始まった…という有名なエピソードがあります。

 

しかし、実はこれはダイナースクラブによる企業プロモーションのストーリーであり、先に述べているようにクレジットカードの基となるシステムはすでに存在していた、とされるのが通説です。

 

 

日本初のクレジットカード

日本初のクレジットカード
日本で初めてクレジットカードを発行したのは、百貨店や商業施設を全国に展開していることで有名な「丸井」でした。
しかし、当時発行されていたカードはアメリカのクレジットカードを真似て作られたもので、実態は「完済証明書」程度の役割しかありませんでした。
現在のクレジットカードの機能とはかけ離れたものであったようです。

 

そして半世紀以上もの時間が経ち、現代においてクレジットカードは無くてはならないシステムの一つになりました。

 

紙のクレジットカードがプラスチックのカードになり、現在ではスマートフォンなどの発展により電子的なカードも登場するようになりました。
クレジットカードはこれからも時代に応じて進化していくことが予想されます。

 

 

ブラックリストに注意

 

現在ではクレジットカードにもたくさんの

 

  • カラーやプラン
  • 安心の保証制度
  • 付帯サービス

などが追加され進化してきました。

 

しかし中にはクレジットカードを利用した分の料金を返済できず、ブラックリスト扱いになってしまい、クレジットカードを作れなくなってしまう人もいます。

 

非常に便利な決済手段であるクレジットカードですが、使いすぎにはくれぐれも気をつけて自身の管理能力を高めることも忘れないようにしましょう。