クレジットカード現金化の際には、身分証明書は必須書類となりますがその他は特段不要です。

スピードランキング
換金率ランキング
信頼度ランキング
現金化業者一覧

必要な書類

クレジットカードさえあれば、現金を手にする事が出来る。

 

こうした謳い文句の「クレジットカード現金化」の業者をよく目にする様になってきました。
現金化とは、その名の通りクレジットカードのショッピング枠を現金に換える事が出来る、というもの。
既存のクレジットカードさえ持っていれば、新規に審査が必要の無い気軽さから、利用者が急増している、人気のサービスですね。

 

しかし、果たして本当にクレジットカード1枚のみで現金化をする事が出来るのでしょうか?
ここでは、現金化に必要な書類についてまとめてみました。

 

身分証明書はマスト?

クレジットカード現金化の際に必要なものは、

クレジットカード
銀行口座
身分証明書

の3つです。

 

1つ目のクレジットカードについてですが、これはショッピング枠が残っているものである必要があります。
ショッピング枠は、そのまま現金化の限度額となるのであらかじめ確認しておきましょう。

 

2つ目の銀行口座については現金化した際にそのお金を振り込んでもらうために必要です。
銀行名・支店名・口座番号といった情報があれば現金化には対応してもらえます。
しかし、銀行の種類によっては即日振込に対応していない場合もありますので注意しましょう。

 

3つ目の身分証明書は、運転免許証や保険証といったものが当てはまります。
これはクレジットカードの名義人と申込者が同一人物なのかを確認するため、顔写真つきのものが望ましいです。

 

宝飾品といった価値のある商品を購入して買い取ってもらう、いわゆる「買取型」を採用しているクレジットカード現金化業者では、ユーザーのニーズに応えるために先に入金を行ってくれる場合がほとんどですが、その後に商品を一度申込者の住所に郵送する必要があります。
そのため、虚偽・架空の住所だった場合や、商品が返送されない場合などのリスクを軽減するためにこうした措置は必要であるといえます。

 

リスクは軽減しよう!

 

現金化業者に身分証明書を提出する方法としては、郵送もしくはパソコンやスマートフォンからEメールで送る、といったものが挙げられます。
最近ではサイト上に画像データを直接アップロードするという方法もあるようです。
Eメールやアップロードという形をとるのであれば、身分証明書がはっきり写っているかを確認して送信するようにしないといけませんね。

 

とはいえ、大切な個人情報である身分証明書をクレジットカード現金化業者に提出してしまってもいいのでしょうか?

 

正直この類の業者に対して、初めからクリーンなイメージを持っている方はごく少数ではないかと思います。
悪質な業者だった場合、自分の身分証明書を提出するのは非常に危険だと多くの方が感じるはずです。

 

それに加えてWeb上での個人情報のやり取りは漏洩などの心配もあるかと思いますが、優良な業者であればセキュリティ対策にもしっかりと力を入れているため安心です。

 

そうした反面で、悪質な業者も一部に存在するという事実もあります。
悪質な業者に引っかからないようにリスク管理をしっかりしておきましょう。
当サイトではそうした悪質な業者を排し、皆様におすすめできる優良店だけをご紹介していきます。