初めて利用する業者は甘い宣伝文句だけでなく、口コミなどでしっかりと調査しましょう。

スピードランキング
換金率ランキング
信頼度ランキング
現金化業者一覧

詐欺業者にご注意

クレジットカードの現金化と聞くと、それだけでダーティなイメージを持ってしまう方がいます。
バブル期の、闇金が横行していた時代に「カードでお金」というキャッチフレーズで、悪質なクレジットカードの現金化業者が多く存在する時代がありました。

 

しかし現在、貸金業法も改正され、クレジットカードの現金化業者も様相を変えています。
現在では「急場のお金を工面する方法」の一つとして、完全に確立している、と捉える事が出来ます。

 

今や、消費者金融に頼る前に、クレジットカードの現金化を考える、という方も非常に多くなっています。
消費者金融などよりも、クレジットカード現金化の方がクリーンでお手軽なイメージがあるのかも知れませんね。

 

このように、私たちの生活に役立てる事が出来るクレジットカードの現金化ですが、やはり一部には悪質な詐欺業者というのも存在しています。

 

ここでは、詐欺被害にあってしまわないように、悪質なクレジットカード現金化業者の詐欺手口をご紹介しましょう。

 

クレカ現金化業者の詐欺被害に注意

 

実態の無い現金化業者のホームページで、個人情報などを盗み取られてしまう

ウェブでの申し込みが主となっている、現金化業者への申し込み。
しかし、中には入力フォームで個人情報を入力させる事のみを目的とする、実態の無い詐欺業者もあります。
盗まれた個人情報は「お金に困っている人」として非合法に売られてしまい、闇金などの勧誘のきっかけになってしまう事もあります。

 

別の業者を紹介される

これも昔からよく有る手口の一つで「ウチでは利用できないけど、○○と言う会社ならよく知っているから紹介してあげる」と甘い囁きで誘ってきます。
しかし、これは真っ赤な嘘で、適当な審査の甘い「街金」を紹介され法外な紹介料を請求される、という詐欺です。
当然ですが、詐欺業者と街金にはなんの関係も無いことがほとんどです。

 

 

クレジットカードに関連した詐欺の最新手口

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺というのは電話やメールで緊急の要件であることを装い、クレジットカードの情報を入力させるという内容の詐欺です。
メールなどに「〇〇から不正なログインがありました。今すぐパスワードを変更してください」といったメッセージが表示されていたら焦って入力してしまいそうになりますよね。
しかしここで情報を入力してしまうと、詐欺業者に暗証番号などを盗まれてしまい、身に覚えのない請求が発生してしまうのです。
自身が買い物をする時以外はクレジットカードの情報は無闇に入力しないようにしましょう。

 

クローン詐欺(スキミング)

これは日本における被害はあまり例がありませんが、クレジットカードの情報を特殊な機械で抜き取り偽造カードを作るという手口になります。
基本的に買い物をする時には店員さんが目の前でクレジットカードを扱うため、被害に遭う確率は低いです。
とはいえ可能性はゼロではないので、信頼できないお店での決済などは控えたほうがいいでしょう。

 

ショッピング詐欺

ショッピング詐欺というのはインターネット上で買い物を行った際に、支払いを済ませたにも関わらず商品が送られてこない、といった内容の詐欺です。
最近ではショッピングサイトに限らずフリマやオークション系のアプリでも同様の手口による犯行が増えているようです。
こういったものはクレジットカード詐欺の中でも身近に感じられるかと思います。十分に注意する必要がありますね。