▲上に戻る

無職でも審査は大丈夫?クレジットカード現金化の流れを初心者向けに解説!

クレジットカード現金化には審査がないので、無職でも心配はいりません!

MENU

無職だけど大丈夫?

当座のお金が必要になってくる時。
そのタイミングは、なんらかの事情で自身が職を失ってしまっている、「無職」のタイミングに訪れてしまうかも知れません…。
国や地方自治体などから様々な支援を受けることはできても、それだけで資金繰りを行うのはなかなか難しいものです。

 

当然のように、収入がゼロの「無職」の時期には、生活費、急な病気による治療費など、お金が必要になった時には、どこかから用立てるしかありませんよね。
他に方法が無い、もしくは何らかの理由があってクレジットカードの現金化によって現金を調達してみようと思う方も多いかも知れませんが、
ここでは「無職でも現金化を利用出来るのかどうか」といった質問にお答えしていきましょう。

 

無職だけど大丈夫?
現在利用できるクレジットカードがあれば大丈夫です!

クレジットカードの現金化の仕組みは、自分が持っているクレジットカードのショッピング枠を利用し、業者を通じて現金に換えるというもの。

 

そのため、すでに「審査の通ったクレジットカード」を利用すると言う事になりますので
「新規に審査を通す」といった必要もなく、現在無職の人でも何の問題も無くお金を手に入れる事が出来る、ということになるのです。

 

例えば、他の消費者金融などに、新規での借り入れを申し込む場合は、現在の就労状況を元に審査が行われます。

現在の貸金業法では「年収の3分の1までしか借り入れをする事が出来ない」という規制になっておりますので、当然、新規の審査に通る事は難しいでしょう。

 

逆に無職でなければ、パートやアルバイトといった形でも審査を受けることができます。
一般的な会社員や公務員といった職業の方に比べるとどうしても不利に働いてしまいますが、なにかしらの安定した収入源を示すことができれば可能性はあります。

 

困っている男性バナー

しかし、ここで注意が必要なのは何件も新規で借り入れの審査をした場合です。
審査に落ちてしまい借り入れが出来なかった場合に、お金を用立ててもらえないというだけではありません。
「信用情報機構」に「何件も借り入れを起こそうとした」
というマイナスイメージの情報が残ってしまい、次に職に就いた時にも、融資の審査にマイナスになってしまう、というデメリットがあります。

 

かといって一般的な金融業者ではない、いわゆるヤミ金融から貸付を受けようと考えるのは非常に危険です。
このような業者は法律を度外視した横暴な金利を提示してくるのです。
現在の苦しい状況を一時的に解決できたとしても、その後はさらに苦しい支払いが待っているので絶対に利用しないようにしましょう。

 

働いていた時に作ったクレジットカードを利用した現金化であれば、すでに持っているクレジットカードのショッピング枠を利用するだけですので、自身の信用情報に傷をつける事もありません。
また、利用後もクレジットカード会社へ使った分の料金を支払うだけなので法外な金利を取られることもありません。

 

現在無職の人は、安全なクレジットカードの現金化をする方がリスクが少ないでしょう。