▲上に戻る

クレジットカード現金化は家族や同居人にバレる?郵送物や電話の有無について

家族に悟られる可能性は極めて少ないと言えます。

MENU

家族にはバレない?

例えば、急場で少しお金が必要になった時に、
家族にはお金を借りた事を知られたくないといったケースもあるかと思います。
何かとデリケートなお金に関する話題ですので、誰にでも簡単に相談できる内容ではありませんよね。

 

家族には言いにくい事情でお金が必要になるパターン、または家族に心配をかけたくないパターンなど、「今回少しお金をやりくりできたら、その後は大丈夫」といったような短期での借り入れを家族に知られたくない、という方も多いのではないでしょうか?

 

借り入れをしなくてはならない状態が慢性的に続いてしまう、もしくは自身の収入が支払いに追いつくだけの能力がない、といった場合は家族に相談して解決策を探ることをオススメします。
しかし、少しのお金を一時的に借りることで現状をどうにかできるのであれば「家族に知られたくない」という気持ちも優先したいところですよね。

 

今回は、そのあたりの気になる質問にお答えしていきましょう。

 

クレジットカード現金化で借金したと家族にバレない?

家族に、借金をしたと悟られることはありません。

 

クレジットカード現金化の場合、現金化業者の店舗に出向いて契約を交わすといったこともありませんし、
クレジットカード現金化をした後に支払いを行うのは、それまで使用していたクレジットカード会社になります。

 

ですから、自宅に届く請求書は毎月届いているカードの明細や請求書のみ、ということになりますので、家族に怪しまれることはありません。

 

 

また、現金化を利用する際には、自宅に届いた荷物を現金化業者に返送する必要がありますが、荷物の配送の日付指定、時間指定などは普通に出来ますので、家に家族の居ない時間に荷物が届くようにしておけば安心です。


常時家に誰かがいる、という場合でも、発送元、商品名などの「送り状の記載」を任意で決めることの出来る業者もあります。事情を知らない家族にとってはネット通販でも利用したのかな?と思う程度でしょう。
最近では、配送業者の種類によってはコンビニや営業所など幅広い方法で受け取りをすることができるため、万全を期すという方は自宅に配送物が届かないように手配してみるといいかもしれません。

 

 

消費者金融や銀行のカードローンを利用していることが家族にバレる主な原因としては、

 

  • 郵便物
  • 返済催促の電話
  • カードなどの現物が見つかる
  • ATMの明細書が見つかる
  • 通帳など

 

といったものが挙げられます。
しかしクレジットカード現金化であれば、「クレジットカードを利用して商品を購入し、それを現金化業者に買い取ってもらう」という形をとっているため、これらのリスクも少ないです。

 

消費者金融や銀行のローンなどは、高額もしくは長期的な返済を計画している場合には、金利も抑えられるため非常に有効な手段ではあります。
しかし、反対に短期で少額の融資となると手軽に申し込めるようなものではありません。それに加え、家族に知られてしまうかもしれない、というリスクを負うことになります。

 

クレジットカード現金化であれば家族や同居人にバレることなく安心して利用することができますね。