▲上に戻る

他に借入があるけど…多重債務者でもクレジットカード現金化はできるのか

「もう後がない」人にとっても救いの手となるのか?

MENU

他に借金があるのだけど…

クレジットカードの現金化を利用される方の中には、
「他の金融機関などにも借り入れがあり、急場をしのぐ手段として現金化を選択する」
という方も少なからずいる事と思います。

 

現在、貸金業法の改正による「総量規制」により、貸金業者は消費者に対して「年収の3分の1を超える金額の貸付けをしてはならない」ということになっています。

 

クレジットカードの現金化はそうした「後の無い人」にとっての救いの手になり得るのか、次のような質問に答えていきたいと思います。

 

他に借金があるのだけど…現金化できますか?

問題ありません。

新しく審査を受けて契約を行うというわけでなく「既に持っているクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得る」というのが現金化の基本的なシステムになります。そのため、他にどれほど借金があってもクレジットカード現金化には関係ありません。

 

ここで疑問に思う方もいるかも知れません。
そう、前述の総量規制はどうなるの?という点ですね。

 

総量規制とは、2010年に決まった貸金業法による規制の一つです。
借りすぎや貸しすぎによる破産、金融事故を防ぐことを目的に、貸金業者を規制するため施行されました。
これによって貸金業者から借り入れを行うことができる金額は「年収の3分の1まで」ということになり、これを超える貸付は法律に抵触してしまいます。

 

総量規制の対象になるのはあくまでも「貸金業者」による「貸付」に対するものです。

 

クレジットカードの現金化で使用するのはカードのショッピング枠ですので、これは総量規制の対象にはなりません。仮に他の金融機関で総量規制に該当する年収の3分の1に当たる金額を借り入れしていても利用出来るクレジットカードさえあればショッピング枠を現金化する事は可能です。

 

現在、主流とされているクレジットカード現金化の手法は「買取型」と呼ばれているものです。
これは「クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化業者の指定する商品を購入し、それを買い取ってもらう」という形の方法になります。

 

いわば「クレジットカードの現金化」とは、クレジットカードを使用して買い物をするのとなんら変わりはないのです。

 

 

現金化した後の支払いも、当然ですがカード会社に対する既存の契約内容に則り、一括・分割・リボ払いなどで返済をしていく、ということになります。


 

そのため、何らかの事情によって他にも借金を作ってしまい、新規に借り入れを申し込むのが難しいという場合には、クレジットカードの現金化は救いの手のような存在になります。
しかし、あくまでも返済が可能な範囲で計画的に利用することを心がけましょう。
将来的に返済の目処が立っており、一時的な苦境を乗り切るためにクレジットカードの現金化を利用することは手段の一つとして有効ですが、その場しのぎな自転車操業でのやり繰りはなるべく避けるようにしたいところです。