▲上に戻る

クレジットカード現金化って違法性はありませんか?法律から現金化を考える

クレカ現金化は法律に抵触することはないのでご安心ください。

MENU

違法性はないの?

クレジットカードの現金化を利用したことのない人にとっては
「クレジットカードのショッピング枠を現金に変える」
と聞くと、何となく後ろ暗いような印象を受けてしまっている方もいるかも知れません。

 

現金化業者というのも、

 

もしかしたら反社会的な団体によって運営されているのかもしれない…
という不安や、

 

クレジットカードの現金化そのものに、違法性があるかもしれない…
と、クレジットカードの現金化を躊躇してしまっている人も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、クレジットカード現金化を利用するに当たって、こういった一番気になる部分の質問に答えていきたいと思います。

 

違法性はないの?

クレジットカードの現金化が法に触れる、ということはありません。
ご安心ください。

ウェブサイトなどで「クレジットカードの現金化」が違法である、と明記してあるサイトなどもありますが、これは間違いである、といえます。

 

たしかにクレジットカード会社の利用規約には「換金目的でのクレジットカードの使用をしてはならない」という文言が記載されてはいます。

 

しかし、これはあくまでも「規約」でしかなく、法的な効力は一切ありません。

 

このようにクレジットカードの規約で現金化を禁止している理由としては、元々設定されているキャッシング枠が大きく関わってきます。
クレジットカード会社は、利用者の経済状況を審査して返済が可能と判断できる金額をキャッシング枠として設けています。

 

そのためカード会社にとっては、クレジットカード現金化によってそれ以上の現金を作られてしまうと「自社に対しての支払いが滞るのではないか?」という危険性が高くなるのです。

 

カード会社の利用規約上ではあくまでグレーゾーンであるという事を理解し、カード利用停止などのリスクヘッジを自身で充分に考えた上で利用して頂ければ問題はありません。

 

クレジットカードの現金化イメージバナー

クレジットカードの現金化の流れは、

  • クレジットカードで商品を購入する
  • 現金化業者に商品を買い取ってもらう

 

といった非常に単純なものです。
この中の「商品の選定」や「買取の手続き」などの面倒な手間を現金化業者に代行してもらう、というようなサービスになります。

 

これは「クレジットカードで購入した本やゲームを、古本屋やゲームショップにて買い取ってもらう」というのと同じ形です。
クレジットカードの現金化が違法であれば、こういった私的目的で購入した商品の売却も違法、ということになってしまいます。

 

現在一般的なクレジットカード現金化の手法はこういった「買取型」のものですが、稀に「キャッシュバック型」という方法をとっている業者も存在します。

 

キャッシュバック型というのは、「業者からクレジットカードで商品を購入し、その金額の一部をキャッシュバックしてもらう」といった形の現金化です。
このキャッシュバック型の現金化は、業者が受け取る利益分を「法定金利を無視した実質的な貸金業」と判断され、違法性を問われたケースもあります。

 

しかし、現在主流の「買取型」であれば違法性を問われることはありませんので、安心してクレジットカードの現金化を利用できます。
便利なクレジットカードを賢く活用し、生活にお役立てください。